<第22回>「野球部の試合には出ない方がいいです」

公開日:  更新日:

 大谷は一関シニアで名の売れた選手だった。

 通った水沢南中学校でも野球部に所属。腕に覚えのある中学生なら、学校でも少しくらいはいいところを見せたいと思うのが自然だ。親御さんも最近は、子供以上に「ウチの子を試合で使ってもらえないか」と監督に売り込むのが多いそうだ。

 監督にしてもシニアでもまれている選手を使った方が、チームが勝つ確率は上がる。実際、大谷も1、2年のころは野球部の練習試合に駆り出されたことがあったという。

 大谷が中2の秋、野球部の監督になった太田和成(38)はしかし、そうは考えなかった。

「中学の野球部では、中学の野球部で頑張っている生徒に活躍させたかったのです。大谷はシニアで活躍していたし、中途半端に試合に出るくらいなら、出ない方がいいと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る