<第21回>「流しているようで速い。あんな走り見たことない」

公開日:  更新日:

 その瞬間、大谷の水沢南中3年時の担任だった太田和成(38)は仰天した。

 運動会のクラス対抗選抜リレー。1~3年生の、足の速い生徒を集めてクラス単位の順位を争う。3年7組の大谷は1年7組、2年7組と同じチーム。7組代表としてリレーに参加した。

 他の代表がいまひとつでチームとしての順位はふるわなかったものの、そのときの大谷の走りはいまでも脳裏に焼き付いていると、太田がこう言った。

「他の生徒たちは顔をくしゃくしゃにして懸命に走っているのに、大谷は本気で走ってるように見えない。流して走ってるように見えるんです。けれども、ダントツに速かった。他の生徒をゴボウ抜きです。あんな走り方は見たことがありませんでしたから。本当にスゴいなぁと。あのときは本当に驚きました」

 大谷はもちろん、流して走っていたわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る