• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第19回>監督の後ろでボソボソとつぶやいた相手選手の特徴

 大谷の通った岩手の水沢南中学校野球部が、あるとき練習試合に出掛けた。

 大谷は野球部に所属していたものの、一関シニアに通っていたため土日の練習は免除。その日はたまたまシニアの練習がなかったのか、練習試合についてきた。試合には出ず、ベンチの後方で控えの選手たちと応援していた。

 試合が中盤に差し掛かったころだ。ベンチの最前列にいた監督の太田和成(38)はふと、自分の後ろでだれかがボソボソとつぶやいているのに気付いた。

「このバッターは前の打席でサードゴロ。強引に引っ張るタイプだから、打球は三遊間方向……」

 声の主は大谷だった。大谷の中3時の担任で国語科教諭、3月まで青森の浪打中学校に勤務していた太田が、当時を振り返ってこう言う。

「わたしの後ろでね、つぶやくんですよ。『次はファーストですよ』とかね。スゴいなと思ったのは、このバッターは前の打席でどうだったかというのが全部、頭に入ってるところなんです。スコアブックを見て確かめると、ああ、そうだと。自分でスコアを付けているわけじゃない。後ろに立って見ているだけなのにです。それでいて前の打席がセカンドゴロだったから次はどうとか、分析している。わたしなんて監督なのに忘れてる(笑い)。各打者の打席の内容まで全部、インプットしているのがすごいと。(プロになった)いまもそうやってやっているんだろうなぁ、って」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る