<第19回>監督の後ろでボソボソとつぶやいた相手選手の特徴

公開日: 更新日:

 大谷の通った岩手の水沢南中学校野球部が、あるとき練習試合に出掛けた。

 大谷は野球部に所属していたものの、一関シニアに通っていたため土日の練習は免除。その日はたまたまシニアの練習がなかったのか、練習試合についてきた。試合には出ず、ベンチの後方で控えの選手たちと応援していた。

 試合が中盤に差し掛かったころだ。ベンチの最前列にいた監督の太田和成(38)はふと、自分の後ろでだれかがボソボソとつぶやいているのに気付いた。

「このバッターは前の打席でサードゴロ。強引に引っ張るタイプだから、打球は三遊間方向……」

 声の主は大谷だった。大谷の中3時の担任で国語科教諭、3月まで青森の浪打中学校に勤務していた太田が、当時を振り返ってこう言う。

「わたしの後ろでね、つぶやくんですよ。『次はファーストですよ』とかね。スゴいなと思ったのは、このバッターは前の打席でどうだったかというのが全部、頭に入ってるところなんです。スコアブックを見て確かめると、ああ、そうだと。自分でスコアを付けているわけじゃない。後ろに立って見ているだけなのにです。それでいて前の打席がセカンドゴロだったから次はどうとか、分析している。わたしなんて監督なのに忘れてる(笑い)。各打者の打席の内容まで全部、インプットしているのがすごいと。(プロになった)いまもそうやってやっているんだろうなぁ、って」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  5. 5

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る