• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4年でラグビー日本一に ヤマハ清宮監督が説く「言葉の魔術」

「偶然」を排除しなければチームは強くならない

 ラグビー界で勝ち続ける男がいる。早大、サントリーで現役と監督をそれぞれ務めたヤマハ発動機の清宮克幸監督(47)だ。10年度に入れ替え戦に出場するなど、どん底だったチームを就任わずか4年で立て直し、今年2月、ついに日本選手権制覇を成し遂げた。勝てる組織づくり、選手を引きつける人心掌握術の秘密に迫る。

――11年にサントリーからヤマハの監督に就任。当時ヤマハはプロ契約を廃止、入れ替え戦も経験するなど、部の存続さえ危ぶむ声がありました。

「最初に、自分が何を大切にしているかということを、ゲームでの具体的な数字やデータを示しながら、選手にプレゼンテーションしました。その上で気持ちに訴えました。1年目はレギュラーの半分が出ていってしまったチーム。残ったメンバーで勝って泣き、負けて泣こうと。他のチームは勝って泣きませんよ。ヤマハだけがギリギリでやっているから、勝ったら優勝騒ぎで、負けたらシーズンが終わったかのようになる。実はそれが強みだと。『オレはそのシーンを見て感動した』と選手に伝え、『君たちの熱い気持ちを軸にしてチームをつくる』と宣言しました。さらに、みんなに向かって『日本一!日本一! 日本一!』と連呼しました。狙わないと日本一にはなれない。何でもいいから一つでも多くの日本一をつくっていこうぜ! と。例えば、ボールを投げる人はスローイング日本一、スクラムハーフならパス日本一、パワーに自信があるならベンチプレス日本一でもいいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る