• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4年でラグビー日本一に ヤマハ清宮監督が説く「言葉の魔術」

「偶然」を排除しなければチームは強くならない

 ラグビー界で勝ち続ける男がいる。早大、サントリーで現役と監督をそれぞれ務めたヤマハ発動機の清宮克幸監督(47)だ。10年度に入れ替え戦に出場するなど、どん底だったチームを就任わずか4年で立て直し、今年2月、ついに日本選手権制覇を成し遂げた。勝てる組織づくり、選手を引きつける人心掌握術の秘密に迫る。

――11年にサントリーからヤマハの監督に就任。当時ヤマハはプロ契約を廃止、入れ替え戦も経験するなど、部の存続さえ危ぶむ声がありました。

「最初に、自分が何を大切にしているかということを、ゲームでの具体的な数字やデータを示しながら、選手にプレゼンテーションしました。その上で気持ちに訴えました。1年目はレギュラーの半分が出ていってしまったチーム。残ったメンバーで勝って泣き、負けて泣こうと。他のチームは勝って泣きませんよ。ヤマハだけがギリギリでやっているから、勝ったら優勝騒ぎで、負けたらシーズンが終わったかのようになる。実はそれが強みだと。『オレはそのシーンを見て感動した』と選手に伝え、『君たちの熱い気持ちを軸にしてチームをつくる』と宣言しました。さらに、みんなに向かって『日本一!日本一! 日本一!』と連呼しました。狙わないと日本一にはなれない。何でもいいから一つでも多くの日本一をつくっていこうぜ! と。例えば、ボールを投げる人はスローイング日本一、スクラムハーフならパス日本一、パワーに自信があるならベンチプレス日本一でもいいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る