4年でラグビー日本一に ヤマハ清宮監督が説く「言葉の魔術」

公開日:  更新日:

「偶然」を排除しなければチームは強くならない

 ラグビー界で勝ち続ける男がいる。早大、サントリーで現役と監督をそれぞれ務めたヤマハ発動機の清宮克幸監督(47)だ。10年度に入れ替え戦に出場するなど、どん底だったチームを就任わずか4年で立て直し、今年2月、ついに日本選手権制覇を成し遂げた。勝てる組織づくり、選手を引きつける人心掌握術の秘密に迫る。

――11年にサントリーからヤマハの監督に就任。当時ヤマハはプロ契約を廃止、入れ替え戦も経験するなど、部の存続さえ危ぶむ声がありました。

「最初に、自分が何を大切にしているかということを、ゲームでの具体的な数字やデータを示しながら、選手にプレゼンテーションしました。その上で気持ちに訴えました。1年目はレギュラーの半分が出ていってしまったチーム。残ったメンバーで勝って泣き、負けて泣こうと。他のチームは勝って泣きませんよ。ヤマハだけがギリギリでやっているから、勝ったら優勝騒ぎで、負けたらシーズンが終わったかのようになる。実はそれが強みだと。『オレはそのシーンを見て感動した』と選手に伝え、『君たちの熱い気持ちを軸にしてチームをつくる』と宣言しました。さらに、みんなに向かって『日本一!日本一! 日本一!』と連呼しました。狙わないと日本一にはなれない。何でもいいから一つでも多くの日本一をつくっていこうぜ! と。例えば、ボールを投げる人はスローイング日本一、スクラムハーフならパス日本一、パワーに自信があるならベンチプレス日本一でもいいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る