ラグビー トップリーグで年俸1500万円なら社員選手が正解?

公開日:  更新日:

 2019年に日本でW杯が開催されるラグビーがプロ化されたのは95年。歴史が浅く、現状では高給を望むのは厳しい。

 豪州、ニュージーランド、欧州の一部で根強い人気を誇る競技も、選手の待遇は決してよくない。昨年12月18日付の英紙「ザ・テレグラフ」が報じた「高給取り10人」によれば、史上最高額で契約したフランスリーグ「トップ14」に所属する「ラシン・メトロ92」のSOダン・カーター(ニュージーランド)でさえ約1億7800万円。10位に入ったカーターの同僚であるCTBジェイミー・ロバーツ(ウェールズ)でも約6764万円だ。

 年俸の上位には「トップ14」「英プレミアシップ」の選手が名を連ねるが、この両リーグはレギュラーシーズン以外にも欧州クラブ王者決定戦も含め、10カ月間で約40試合をこなさなければならない。選手によってはCM出演などの副収入が見込めるとはいえ、肉体的な負担は想像を絶するものがある。ラグビーW杯は「五輪、サッカーW杯」に次いで注目度の高いスポーツのビッグイベントと位置付けられている割に選手の待遇は恵まれているとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る