ラグビー トップリーグで年俸1500万円なら社員選手が正解?

公開日: 更新日:

 2019年に日本でW杯が開催されるラグビーがプロ化されたのは95年。歴史が浅く、現状では高給を望むのは厳しい。

 豪州、ニュージーランド、欧州の一部で根強い人気を誇る競技も、選手の待遇は決してよくない。昨年12月18日付の英紙「ザ・テレグラフ」が報じた「高給取り10人」によれば、史上最高額で契約したフランスリーグ「トップ14」に所属する「ラシン・メトロ92」のSOダン・カーター(ニュージーランド)でさえ約1億7800万円。10位に入ったカーターの同僚であるCTBジェイミー・ロバーツ(ウェールズ)でも約6764万円だ。

 年俸の上位には「トップ14」「英プレミアシップ」の選手が名を連ねるが、この両リーグはレギュラーシーズン以外にも欧州クラブ王者決定戦も含め、10カ月間で約40試合をこなさなければならない。選手によってはCM出演などの副収入が見込めるとはいえ、肉体的な負担は想像を絶するものがある。ラグビーW杯は「五輪、サッカーW杯」に次いで注目度の高いスポーツのビッグイベントと位置付けられている割に選手の待遇は恵まれているとは言い難い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  7. 7

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  8. 8

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る