• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ6年連続負け越し 交流戦「パの時代」続く理由を評論家語る

 あと2試合を残す交流戦も最後の日曜日はセの全敗。パの60勝43敗3分けとなった。

 05年からスタートした交流戦でセが勝ち越したのは09年だけ。05年からの日本シリーズを見てもセが勝ったのは3度しかない。西武OBの山崎裕之氏がこう語る。

「リーグ戦でDHのあるパは、交流戦になるとセのホームでは投手も打席に入る。本来はかなり不利です。それでもこれだけ差がつくのは、例えばパの打者は対戦データが少なくても好球必打で積極的に打ってくる。セに比べてパの方が広い球場が多いのに、本塁打数(305本対238本)が圧倒しているのは積極的な打撃と無関係ではない。球場が広いため、投手も日頃からパは内角の厳しいところを突いてくる。かわすより攻めの姿勢が見える。もうひとつはベンチワークです。巨人の原監督はオーダーをコロコロ変える。選手は失敗を怖がり、思い切ったプレーができない。戦力が十分ではない西武の田辺監督は、我慢強い起用をする。信頼されていることを実感している選手たちは、個々に頭を使いながらのびのびプレーしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る