セ6年連続負け越し 交流戦「パの時代」続く理由を評論家語る

公開日: 更新日:

 あと2試合を残す交流戦も最後の日曜日はセの全敗。パの60勝43敗3分けとなった。

 05年からスタートした交流戦でセが勝ち越したのは09年だけ。05年からの日本シリーズを見てもセが勝ったのは3度しかない。西武OBの山崎裕之氏がこう語る。

「リーグ戦でDHのあるパは、交流戦になるとセのホームでは投手も打席に入る。本来はかなり不利です。それでもこれだけ差がつくのは、例えばパの打者は対戦データが少なくても好球必打で積極的に打ってくる。セに比べてパの方が広い球場が多いのに、本塁打数(305本対238本)が圧倒しているのは積極的な打撃と無関係ではない。球場が広いため、投手も日頃からパは内角の厳しいところを突いてくる。かわすより攻めの姿勢が見える。もうひとつはベンチワークです。巨人の原監督はオーダーをコロコロ変える。選手は失敗を怖がり、思い切ったプレーができない。戦力が十分ではない西武の田辺監督は、我慢強い起用をする。信頼されていることを実感している選手たちは、個々に頭を使いながらのびのびプレーしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  10. 10

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る