セ6年連続負け越し 交流戦「パの時代」続く理由を評論家語る

公開日:  更新日:

 あと2試合を残す交流戦も最後の日曜日はセの全敗。パの60勝43敗3分けとなった。

 05年からスタートした交流戦でセが勝ち越したのは09年だけ。05年からの日本シリーズを見てもセが勝ったのは3度しかない。西武OBの山崎裕之氏がこう語る。

「リーグ戦でDHのあるパは、交流戦になるとセのホームでは投手も打席に入る。本来はかなり不利です。それでもこれだけ差がつくのは、例えばパの打者は対戦データが少なくても好球必打で積極的に打ってくる。セに比べてパの方が広い球場が多いのに、本塁打数(305本対238本)が圧倒しているのは積極的な打撃と無関係ではない。球場が広いため、投手も日頃からパは内角の厳しいところを突いてくる。かわすより攻めの姿勢が見える。もうひとつはベンチワークです。巨人の原監督はオーダーをコロコロ変える。選手は失敗を怖がり、思い切ったプレーができない。戦力が十分ではない西武の田辺監督は、我慢強い起用をする。信頼されていることを実感している選手たちは、個々に頭を使いながらのびのびプレーしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る