巨人はトレード敢行 阪神は補強急務なのにGMなぜ動かず?

公開日: 更新日:

「上位を争うチームがトレードでテコ入れをしているのに、阪神は何をやっているんだ?」

 阪神OBがアキレ顔でこう言った。10日に発表された巨人の矢野と須永、日本ハムの矢貫と北の2対2のトレード。首位を争う2球団が今後に向けて手を打った。これが阪神にも影響を及ぼしそうだ。

「巨人と日ハムが動くなら、阪神はなおさらだ。投手陣は中継ぎが崩壊してチーム防御率は3.63。攻撃にしても、三塁の西岡が故障し、マートンも不振。チーム打率.233、26本塁打、178得点とすべてリーグ最下位。5割前後をウロウロし、なかなか大型連勝できない状況を打破したい。例えば中継ぎは、福原と高宮しか計算できる投手がいない。トレードのひとつくらいあってしかるべきでしょう」(前出のOB)

 しかし、阪神の今季補強は、助っ人のサンティアゴの獲得だけ。昨オフは金子、宮西らFA選手の争奪戦に全敗し、一部で「6人目の助っ人」として元広島のキラらをリストアップしたと報じられたこともあったが、これも実現の可能性は低そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  6. 6

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る