悪夢のシーズン再び 交流戦11位の巨人は「リーグV逸」100%

公開日: 更新日:

 巨人が昨日も負けた。14日の交流戦最終戦のロッテ戦。先発の高木勇は八回まで無失点の好投も九回に暗転した。

 三ゴロ失策から1点を失い降板すると、守護神の沢村も1点を失い、なおも2死満塁から吉田にサヨナラ左前適時打を浴びてまさかの逆転サヨナラ負け。原監督は「いい投球をした。2点を守れなかったというところ」と高木勇は責めなかったが、「打線があとひと押ししたかった? そりゃそうだろうけどね」とムッツリ。得点は亀井のバウンドが変わった幸運な適時打とアンダーソンの押し出し死球の2点のみ。10残塁の拙攻を嘆いた。

 巨人はQVCマリンで8連敗。今季4度目の同一カード3連敗となった。交流戦を7勝11敗の11位で終えた原監督は「我々は元気な選手で戦うことが重要。もう1回整理して臨む」と総括した。中軸の阿部、村田をケガで欠く中、ここにきて金城、片岡も故障で離脱。チーム打率.238の貧打は一向に上向く気配がない。敗因はケガ人が多いからと言わんばかりの指揮官にはもう、打つ手がないということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  5. 5

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る