泥沼の10連敗…DeNAの急降下招いた中畑監督の“変節”

公開日: 更新日:

 不可解な継投だった。

 14日の日本ハム戦。9連敗中のDeNA中畑監督は、「攻める姿勢を見せてほしい。ダメもとでいい」と言ってプロ初登板初先発となる育成出身の高卒2年目左腕・砂田毅樹(19)を大抜擢した。

 その砂田が日本ハムのエース大谷を向こうに回し、五回まで3安打無失点の好投。が、中畑監督は六回1死一、二塁のピンチを迎えたところで1点も取られていない砂田を交代させ、これが悲劇の幕を開けた。代わった平田が矢野に逆転3ランを被弾。「ダメもとでもいい」と言っていたのに、1点をリードして欲が出たのだろう。守りに入ったことが最悪の結果を招いた。

 就任4年目で初の10連敗、交流戦は歴代ワーストの勝率.176に終わり、借金生活に突入した中畑監督は、「本当によく負けた」と厳しい表情。砂田の交代については「球が浮いていた。初登板で試合を作ってくれたし、良いイメージで代えてあげたかった」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い