完封で9勝目の日ハム大谷 オフの筋トレが招いた“打撃不調”

公開日: 更新日:

「脱いだらスゴいっていう言い回しがありましたけど、大谷のカラダは本当にスゴいらしい。大胸筋なんて見事だし、3年目にして、渡米したころのダルに勝るとも劣らないと聞きました」

 こう言うのは日本ハムのOBだ。昨24日、ロッテ戦に先発した大谷翔平(20)は3安打11奪三振で今季2度目の完封、両リーグ通じてトップの9勝目(1敗)をマークした。

 七回は5番クルーズに中前打を浴びながら、2度も159キロをマーク。九回も4番デスパイネに対して155キロの速球を投げるなど、球威は最後まで落ちなかった。

「前回(6月14日の対DeNA戦)は途中降板しているので、最後までいけて良かった。(チームの連敗を5で止め)いい流れをつくれて良かったかなぁと思います」とは試合後の本人だ。

 今季は制球を安定させるため、テークバックを小さくした。投球フォームを小さくして、なおかつ球威、球速が落ちないようにするうえで欠かせないのがオフの筋トレだった。そうやって鍛えた成果が投手としてのレベルアップにつながったのとは対照的に、打者としての成績は振るわない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る