完封で9勝目の日ハム大谷 オフの筋トレが招いた“打撃不調”

公開日: 更新日:

「脱いだらスゴいっていう言い回しがありましたけど、大谷のカラダは本当にスゴいらしい。大胸筋なんて見事だし、3年目にして、渡米したころのダルに勝るとも劣らないと聞きました」

 こう言うのは日本ハムのOBだ。昨24日、ロッテ戦に先発した大谷翔平(20)は3安打11奪三振で今季2度目の完封、両リーグ通じてトップの9勝目(1敗)をマークした。

 七回は5番クルーズに中前打を浴びながら、2度も159キロをマーク。九回も4番デスパイネに対して155キロの速球を投げるなど、球威は最後まで落ちなかった。

「前回(6月14日の対DeNA戦)は途中降板しているので、最後までいけて良かった。(チームの連敗を5で止め)いい流れをつくれて良かったかなぁと思います」とは試合後の本人だ。

 今季は制球を安定させるため、テークバックを小さくした。投球フォームを小さくして、なおかつ球威、球速が落ちないようにするうえで欠かせないのがオフの筋トレだった。そうやって鍛えた成果が投手としてのレベルアップにつながったのとは対照的に、打者としての成績は振るわない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る