7連勝前に自滅…日ハム大谷まさかの大乱調で戻る「緊張感」

公開日:  更新日:

 日本ハム・大谷翔平(20)の連勝記録がまさかの自滅で先送りされた。

 22日のソフトバンク戦。序盤から強力打線に付け入る隙を与えず、3点リードの七回1死までに打たれたヒットは1本だけ。この時点では誰もが開幕7連勝を疑わなかった。

 ところが、直後から突如制球を乱し、2死満塁のピンチを招くと、代打・吉村に2点適時打を浴びた。その後も2つの暴投と適時打で逆転を許し、計5失点で七回途中降板を余儀なくされた。

 大谷は「七回が全て。状態は良くも悪くもなかったです。野手の皆さんが点を取ってくれたんですけど、最後の最後でつかまってしまいました。本当に申し訳ないです」と頭を下げた。

 終盤に味方打線が加点したことで今季初黒星こそ免れたものの、本人にとっては後味の悪い内容だった。それでも、球団の営業という点ではむしろプラスではなかったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る