7連勝前に自滅…日ハム大谷まさかの大乱調で戻る「緊張感」

公開日:  更新日:

 日本ハム・大谷翔平(20)の連勝記録がまさかの自滅で先送りされた。

 22日のソフトバンク戦。序盤から強力打線に付け入る隙を与えず、3点リードの七回1死までに打たれたヒットは1本だけ。この時点では誰もが開幕7連勝を疑わなかった。

 ところが、直後から突如制球を乱し、2死満塁のピンチを招くと、代打・吉村に2点適時打を浴びた。その後も2つの暴投と適時打で逆転を許し、計5失点で七回途中降板を余儀なくされた。

 大谷は「七回が全て。状態は良くも悪くもなかったです。野手の皆さんが点を取ってくれたんですけど、最後の最後でつかまってしまいました。本当に申し訳ないです」と頭を下げた。

 終盤に味方打線が加点したことで今季初黒星こそ免れたものの、本人にとっては後味の悪い内容だった。それでも、球団の営業という点ではむしろプラスではなかったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る