ハム大谷先発に早々“白旗” パで「マー君24連勝」と同じ現象

公開日: 更新日:

 その瞬間、日本ハムの首脳陣はベンチであっけにとられた表情を浮かべた。2日の日本ハム対オリックス戦。初回、オリックスが1点を先制した直後の守りだった。

 先発・松葉は内野安打と2四球などで1死満塁のピンチを招く。次打者・矢野に押し出し四球を与えると、福良監督代行はその時点でまだ21球しか投げていない右腕を早々とあきらめ、2番手の比嘉にスイッチしたのだ。

 松葉はここまで3勝6敗。防御率4.98。6月7日以来、約1カ月ぶりのマウンドだった。継投は当初から予定されていたとはいえ、この日は雨天中止を挟んで4日ぶりの試合。日程に余裕があるのに、たった21球で見切りをつけるような投手を先発させた理由は相手投手との兼ね合いだろう。

 この日の日本ハムの先発は大谷。現在リーグトップの9勝で、防御率は1点台。今季、大谷に唯一の黒星をつけたのはセの阪神で、パは全敗中だ。中でもオリックスは今季2戦2敗で、CSを含めた過去6度の対戦で全敗している。勝つ確率が低い試合だからこそ、二線級投手を先発させたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る