• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム大谷先発に早々“白旗” パで「マー君24連勝」と同じ現象

 その瞬間、日本ハムの首脳陣はベンチであっけにとられた表情を浮かべた。2日の日本ハム対オリックス戦。初回、オリックスが1点を先制した直後の守りだった。

 先発・松葉は内野安打と2四球などで1死満塁のピンチを招く。次打者・矢野に押し出し四球を与えると、福良監督代行はその時点でまだ21球しか投げていない右腕を早々とあきらめ、2番手の比嘉にスイッチしたのだ。

 松葉はここまで3勝6敗。防御率4.98。6月7日以来、約1カ月ぶりのマウンドだった。継投は当初から予定されていたとはいえ、この日は雨天中止を挟んで4日ぶりの試合。日程に余裕があるのに、たった21球で見切りをつけるような投手を先発させた理由は相手投手との兼ね合いだろう。

 この日の日本ハムの先発は大谷。現在リーグトップの9勝で、防御率は1点台。今季、大谷に唯一の黒星をつけたのはセの阪神で、パは全敗中だ。中でもオリックスは今季2戦2敗で、CSを含めた過去6度の対戦で全敗している。勝つ確率が低い試合だからこそ、二線級投手を先発させたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る