西武戦も“テラス弾”4発 狭い「ヤフオクドーム」にパ投手悲鳴

公開日:  更新日:

 打つ方はいいが、投げる方はたまらない。

 ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームの本塁打数が異常なまでに増え続けている。昨季、ヤフオクドームで記録された本塁打数は計67試合で70本。1試合あたりの本塁打数は1.04本で、この数字はリーグ6球団の本拠地中、ワースト記録だった。

 そこで、「本拠地での本塁打数を増やそう」という球団方針のもと、従来の外野スタンドから最大で5メートル手前にフェンスを造って「ホームランテラス」を新設。もくろみ通りに今季は35試合を消化した時点で、昨季1年間の本数をはるかに超える計83本を記録している。4本塁打が飛び出した1日の西武戦も全て「テラス弾」だった。

 チーム関係者が言う。

「たまらないのは投手ですよね。いや、うちの投手はまだいいんです。球場が狭くなることで、当然、被本塁打数は増える。そのため、今季の投手査定には一定の配慮をすることをフロントも考えていますから。でも、他球団の投手にはそんな特別査定はない。冗談交じりに『勘弁してくださいよ』と言ってくる他球団の投手が何人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る