西武戦も“テラス弾”4発 狭い「ヤフオクドーム」にパ投手悲鳴

公開日: 更新日:

 打つ方はいいが、投げる方はたまらない。

 ソフトバンクの本拠地・ヤフオクドームの本塁打数が異常なまでに増え続けている。昨季、ヤフオクドームで記録された本塁打数は計67試合で70本。1試合あたりの本塁打数は1.04本で、この数字はリーグ6球団の本拠地中、ワースト記録だった。

 そこで、「本拠地での本塁打数を増やそう」という球団方針のもと、従来の外野スタンドから最大で5メートル手前にフェンスを造って「ホームランテラス」を新設。もくろみ通りに今季は35試合を消化した時点で、昨季1年間の本数をはるかに超える計83本を記録している。4本塁打が飛び出した1日の西武戦も全て「テラス弾」だった。

 チーム関係者が言う。

「たまらないのは投手ですよね。いや、うちの投手はまだいいんです。球場が狭くなることで、当然、被本塁打数は増える。そのため、今季の投手査定には一定の配慮をすることをフロントも考えていますから。でも、他球団の投手にはそんな特別査定はない。冗談交じりに『勘弁してくださいよ』と言ってくる他球団の投手が何人もいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る