「組織委」でお疲れ? 森喜朗会長が“ドーム名物”居眠り観戦

公開日:  更新日:

 あれれ、周囲が打球を見上げる中、一人だけ視線が……。これぞ年に数回しか見られない、東京ドーム名物「シンキローの居眠り」でござい――。

 バックネット裏最前列でグースカ寝ているのは、森喜朗元首相(77)。試合当初はまだしも、途中からイニングの合間にうつらうつら。しまいには試合で何が起きようとも目を覚まさず、六回終了時には帰路についた。

 最近は東京五輪組織委員会の会長としてご多忙のもよう。居眠りも仕方ない……と言いたいところだが、このご仁は年に数試合、巨人戦を観戦している。そのたびに気持ちよさそうに寝ている姿を中継カメラに撮られているのだ。

 首相時代は国会で居眠りの常習犯だった森元首相。巨人戦は国会と同じくらい、退屈で眠くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る