「組織委」でお疲れ? 森喜朗会長が“ドーム名物”居眠り観戦

公開日: 更新日:

 あれれ、周囲が打球を見上げる中、一人だけ視線が……。これぞ年に数回しか見られない、東京ドーム名物「シンキローの居眠り」でござい――。

 バックネット裏最前列でグースカ寝ているのは、森喜朗元首相(77)。試合当初はまだしも、途中からイニングの合間にうつらうつら。しまいには試合で何が起きようとも目を覚まさず、六回終了時には帰路についた。

 最近は東京五輪組織委員会の会長としてご多忙のもよう。居眠りも仕方ない……と言いたいところだが、このご仁は年に数試合、巨人戦を観戦している。そのたびに気持ちよさそうに寝ている姿を中継カメラに撮られているのだ。

 首相時代は国会で居眠りの常習犯だった森元首相。巨人戦は国会と同じくらい、退屈で眠くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  5. 5

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る