• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「組織委」でお疲れ? 森喜朗会長が“ドーム名物”居眠り観戦

 あれれ、周囲が打球を見上げる中、一人だけ視線が……。これぞ年に数回しか見られない、東京ドーム名物「シンキローの居眠り」でござい――。

 バックネット裏最前列でグースカ寝ているのは、森喜朗元首相(77)。試合当初はまだしも、途中からイニングの合間にうつらうつら。しまいには試合で何が起きようとも目を覚まさず、六回終了時には帰路についた。

 最近は東京五輪組織委員会の会長としてご多忙のもよう。居眠りも仕方ない……と言いたいところだが、このご仁は年に数試合、巨人戦を観戦している。そのたびに気持ちよさそうに寝ている姿を中継カメラに撮られているのだ。

 首相時代は国会で居眠りの常習犯だった森元首相。巨人戦は国会と同じくらい、退屈で眠くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る