「組織委」でお疲れ? 森喜朗会長が“ドーム名物”居眠り観戦

公開日: 更新日:

 あれれ、周囲が打球を見上げる中、一人だけ視線が……。これぞ年に数回しか見られない、東京ドーム名物「シンキローの居眠り」でござい――。

 バックネット裏最前列でグースカ寝ているのは、森喜朗元首相(77)。試合当初はまだしも、途中からイニングの合間にうつらうつら。しまいには試合で何が起きようとも目を覚まさず、六回終了時には帰路についた。

 最近は東京五輪組織委員会の会長としてご多忙のもよう。居眠りも仕方ない……と言いたいところだが、このご仁は年に数試合、巨人戦を観戦している。そのたびに気持ちよさそうに寝ている姿を中継カメラに撮られているのだ。

 首相時代は国会で居眠りの常習犯だった森元首相。巨人戦は国会と同じくらい、退屈で眠くなるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る