大谷も真っ青…メッツ新人左腕マッツが“二刀流”で大活躍

公開日: 更新日:

 メッツにとんでもないルーキーが現れた。28日のレッズ戦でデビューした左腕スティーブン・マッツ(24)だ。

 ダブルヘッダーの2試合目に先発して7回3分の2を5安打2失点に抑えて勝利投手に。最速155キロをマークした。これだけでも十分、合格点だが、投球以上にファンを沸かせたのは、その打撃。

 左投げ右打ちという独特のスタイルもさることながら、3打数3安打4打点。腰の入った力強いスイングは野手顔負け。エンドランのかかっていた2打席目、同点の五回無死一塁ではガラ空きの三遊間を狙い打ってチャンスを広げ、勝ち越しにつなげた。投手がデビュー戦で4打点をマークしたのはメジャー史上初だ。

 マッツは09年のドラフト2巡目指名でメッツに入団。今季3Aで15試合に登板して7勝4敗、防御率2.19の成績が認められ昇格、初戦から投げて、打って首脳陣の期待に応えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  2. 2

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

もっと見る