日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

パットの距離感が悪ければ10ヤードを徹底練習する

 あそこで3パットさえしなければ、ベストスコアを更新できたのに……。

 ドライバーやアイアンのミスも痛いが、ロングパットで3パットをしてしまうのは何とももったいない。ショットが良くても3パットしてしまえば、簡単にボギーやダボを叩いてしまうからだ。

 さて、このロングパット。3パットしているゴルファーを見ていると、圧倒的に方向性より距離感をミスしていることが多い。10メートルの距離で左右に2メートルも外す人はほとんどいないが、2メートルショートしたり、2メートルオーバーする人は非常に多い。

 では、どんな練習をすればパットの距離感が改善されるのか?

 パッティングに特化したレッスンスタジオを主宰する大本研太郎プロは、距離感を磨くコツは、同じ距離を徹底的に練習することだと言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事