日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ショートパットが苦手ならカップを見ながら打つ

 今週はテニスのウィンブルドンが開催されているが、それが終わると今季メジャー第3戦の全英オープン(16日開幕)が行われる。場所はゴルフの聖地、スコットランドのセントアンドルーズ。

 注目選手はジョーダン・スピースだ。弱冠21歳だがマスターズと全米オープンを制し、年間グランドスラムを狙えるただひとりのプレーヤーだからである。

 スピースは米ツアーの中ではロングヒッターではない。右打ちであるが、日常生活は左利きということもあってフォローで左ヒジが少し曲がる。飛距離よりも方向性を重視したスイングの持ち主だ。

 そして、持ち味は正確無比なパッティング。勝負どころのショートパットを確実に決めることで、今季メジャー2連勝を成し遂げている。

 さて、このスピースのパッティング。打ち方はかなり独特だ。以前にも書いたが、グリップは左打ちの握り方であるクロスハンド。加えて、2メートル以内の距離になるとボールを見ないでストロークしている。アドレスが決まったら、視線はボールではなくカップ。バスケットのフリースローよろしく、カップを見たままでショートパットを打っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事