マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

いろんな番手で100ヤードを打つ練習は距離のコントロールが身に付く

公開日: 更新日:

 先週の米男子ツアー、ザ・メモリアルトーナメントはダビド・リングマース(スウェーデン)が3ホールに及ぶプレーオフの末、ツアー初優勝を果たした。

 ディフェンディングチャンピオンの松山英樹は、最終日まで優勝争いに加わるものの16番パー3で池ポチャ。ここで痛恨のダブルボギーを叩き、連覇を逃し5位に終わった。

 米ツアーは時差の関係で早朝に衛星放送されるが、この時季は朝早くから練習にいそしむゴルファーが増えてくる。日中に比べると涼しくて気持ちがいいし、値段もリーズナブル。土日にもなれば都心の練習場は、早朝にもかかわらず待ち時間があるぐらい盛況だ。

 さて、この早朝の練習場。多くの人がドライバー練習に時間を費やしている。ドライバーをフルショットして「1ヤードでも遠くに飛ばす」ことを目標に一生懸命やっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  4. 4

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  5. 5

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

  10. 10

    ファンほど違和感 「まだ結婚できない男」がくすぶる要因

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る