日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

いろんな番手で100ヤードを打つ練習は距離のコントロールが身に付く

 先週の米男子ツアー、ザ・メモリアルトーナメントはダビド・リングマース(スウェーデン)が3ホールに及ぶプレーオフの末、ツアー初優勝を果たした。

 ディフェンディングチャンピオンの松山英樹は、最終日まで優勝争いに加わるものの16番パー3で池ポチャ。ここで痛恨のダブルボギーを叩き、連覇を逃し5位に終わった。

 米ツアーは時差の関係で早朝に衛星放送されるが、この時季は朝早くから練習にいそしむゴルファーが増えてくる。日中に比べると涼しくて気持ちがいいし、値段もリーズナブル。土日にもなれば都心の練習場は、早朝にもかかわらず待ち時間があるぐらい盛況だ。

 さて、この早朝の練習場。多くの人がドライバー練習に時間を費やしている。ドライバーをフルショットして「1ヤードでも遠くに飛ばす」ことを目標に一生懸命やっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事