6月は3本のみ…日ハム中田「本塁打ペースダウン」の“真相”

公開日:  更新日:

「オフから行ってきた肉体改造の反動かもしれません。以前と比べて、さらに痩せた印象ですからね」

 周囲からはこんな声も聞こえるという。チームの主砲・中田翔(26)の本塁打のペースが急激に落ちていることを受けてだ。

 29日現在、21本。西武の中村とともにリーグトップの本塁打を放っているものの、一発のペースは明らかにダウン。3、4月の8本、5月の10本に対して、6月は20試合でわずか3本だ。

 打てば打つほどマークは厳しくなる。本塁打が減った裏には相手バッテリーの攻め方の変化もあるのだろうが、「過度のダイエットの副作用」を指摘する声もある。

 中田は昨オフから、親しいトレーナーの指導のもと、本格的に食生活を改善。試合前には野菜中心の食事しか取らなかったり、ご飯を含めた炭水化物を極力控えたりするなどダイエットに励んできた。昨シーズン105キロ以上あった体重は、今季95キロ前後で推移しているとはいえ、その反動で基礎体力の低下が懸念されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る