6月は3本のみ…日ハム中田「本塁打ペースダウン」の“真相”

公開日: 更新日:

「オフから行ってきた肉体改造の反動かもしれません。以前と比べて、さらに痩せた印象ですからね」

 周囲からはこんな声も聞こえるという。チームの主砲・中田翔(26)の本塁打のペースが急激に落ちていることを受けてだ。

 29日現在、21本。西武の中村とともにリーグトップの本塁打を放っているものの、一発のペースは明らかにダウン。3、4月の8本、5月の10本に対して、6月は20試合でわずか3本だ。

 打てば打つほどマークは厳しくなる。本塁打が減った裏には相手バッテリーの攻め方の変化もあるのだろうが、「過度のダイエットの副作用」を指摘する声もある。

 中田は昨オフから、親しいトレーナーの指導のもと、本格的に食生活を改善。試合前には野菜中心の食事しか取らなかったり、ご飯を含めた炭水化物を極力控えたりするなどダイエットに励んできた。昨シーズン105キロ以上あった体重は、今季95キロ前後で推移しているとはいえ、その反動で基礎体力の低下が懸念されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る