6月は3本のみ…日ハム中田「本塁打ペースダウン」の“真相”

公開日:  更新日:

「オフから行ってきた肉体改造の反動かもしれません。以前と比べて、さらに痩せた印象ですからね」

 周囲からはこんな声も聞こえるという。チームの主砲・中田翔(26)の本塁打のペースが急激に落ちていることを受けてだ。

 29日現在、21本。西武の中村とともにリーグトップの本塁打を放っているものの、一発のペースは明らかにダウン。3、4月の8本、5月の10本に対して、6月は20試合でわずか3本だ。

 打てば打つほどマークは厳しくなる。本塁打が減った裏には相手バッテリーの攻め方の変化もあるのだろうが、「過度のダイエットの副作用」を指摘する声もある。

 中田は昨オフから、親しいトレーナーの指導のもと、本格的に食生活を改善。試合前には野菜中心の食事しか取らなかったり、ご飯を含めた炭水化物を極力控えたりするなどダイエットに励んできた。昨シーズン105キロ以上あった体重は、今季95キロ前後で推移しているとはいえ、その反動で基礎体力の低下が懸念されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る