日ハムがまたも“若手自慢” 4年目の石川慎吾が2戦連発弾

公開日: 更新日:

「自分がラッキーボーイになるとは思っていませんでした」

 こう言って照れくさそうに笑ったのが日本ハムの石川慎吾(22)だ。

 28日の西武戦で、七回に先発菊池から右越えのソロ本塁打。両軍先発が合わせて8安打という投手戦に、見事ケリをつけた。

 11年のドラフト3位で東大阪大柏原高(大阪)から日ハムに入団。178センチ、77キロの体格は球界ではやや小柄な部類だろう。そこに俊足強肩と加われば守備型の選手と思うかもしれないが、高校通算本塁打は55本。小学生時代、あの清原に「ええ筋肉やな」と褒められたことのあるパンチ力の持ち主だ。

 26日も代打出場でホームランを打っており、この日で2戦連発。

 若手自慢の日ハム、出番待ちをしている選手が尽きることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る