日ハムがまたも“若手自慢” 4年目の石川慎吾が2戦連発弾

公開日:  更新日:

「自分がラッキーボーイになるとは思っていませんでした」

 こう言って照れくさそうに笑ったのが日本ハムの石川慎吾(22)だ。

 28日の西武戦で、七回に先発菊池から右越えのソロ本塁打。両軍先発が合わせて8安打という投手戦に、見事ケリをつけた。

 11年のドラフト3位で東大阪大柏原高(大阪)から日ハムに入団。178センチ、77キロの体格は球界ではやや小柄な部類だろう。そこに俊足強肩と加われば守備型の選手と思うかもしれないが、高校通算本塁打は55本。小学生時代、あの清原に「ええ筋肉やな」と褒められたことのあるパンチ力の持ち主だ。

 26日も代打出場でホームランを打っており、この日で2戦連発。

 若手自慢の日ハム、出番待ちをしている選手が尽きることはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る