福井予選盤石のはずが…センバツ王者・敦賀気比に難敵出現

公開日:  更新日:

 福井県はセンバツ王者の敦賀気比が投打ともに盤石。バリバリの大本命だが、春の甲子園の全国制覇経験がある関係者によると、「目標を達成してしまうと燃え尽き症候群のようになってしまい、その後チーム力は落ちる。そこから夏の予選までにもう一度立て直すのは、高校生では容易ではないです」と言う。福井の高校野球関係者は「創部4年目で第3シードの啓新高校が面白い」と言った。

 昨秋、北信越大会に初出場。昨夏、昨秋、今春といずれも県4強。全て敦賀気比に敗れているが、直近の春は2-4。王者を追い詰めた。

 前身は福井女子。12年の創部と同時に大八木治監督(61)が就任した。東海大甲府監督時代、春夏13回の甲子園出場を誇る名将である。

「大八木監督は相手校を丸裸にするデータ野球に定評がある。今年4月に東海大甲府時代の教え子で元阪神の久慈照嘉氏が外部コーチに就任。勝てる野球プラス、プロの技術が叩き込まれている。王者の敦賀気比も啓新には毎回苦戦している。春の県準決勝でセンバツ後に初めてエースの平沼を先発させていることでも、難敵と認めているのが分かる」(前出の関係者)

 名将と元プロが指導する元女子校が、王者の春夏連覇の夢を阻止する可能性は十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る