日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福井予選盤石のはずが…センバツ王者・敦賀気比に難敵出現

 福井県はセンバツ王者の敦賀気比が投打ともに盤石。バリバリの大本命だが、春の甲子園の全国制覇経験がある関係者によると、「目標を達成してしまうと燃え尽き症候群のようになってしまい、その後チーム力は落ちる。そこから夏の予選までにもう一度立て直すのは、高校生では容易ではないです」と言う。福井の高校野球関係者は「創部4年目で第3シードの啓新高校が面白い」と言った。

 昨秋、北信越大会に初出場。昨夏、昨秋、今春といずれも県4強。全て敦賀気比に敗れているが、直近の春は2-4。王者を追い詰めた。

 前身は福井女子。12年の創部と同時に大八木治監督(61)が就任した。東海大甲府監督時代、春夏13回の甲子園出場を誇る名将である。

「大八木監督は相手校を丸裸にするデータ野球に定評がある。今年4月に東海大甲府時代の教え子で元阪神の久慈照嘉氏が外部コーチに就任。勝てる野球プラス、プロの技術が叩き込まれている。王者の敦賀気比も啓新には毎回苦戦している。春の県準決勝でセンバツ後に初めてエースの平沼を先発させていることでも、難敵と認めているのが分かる」(前出の関係者)

 名将と元プロが指導する元女子校が、王者の春夏連覇の夢を阻止する可能性は十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事