福井予選盤石のはずが…センバツ王者・敦賀気比に難敵出現

公開日:  更新日:

 福井県はセンバツ王者の敦賀気比が投打ともに盤石。バリバリの大本命だが、春の甲子園の全国制覇経験がある関係者によると、「目標を達成してしまうと燃え尽き症候群のようになってしまい、その後チーム力は落ちる。そこから夏の予選までにもう一度立て直すのは、高校生では容易ではないです」と言う。福井の高校野球関係者は「創部4年目で第3シードの啓新高校が面白い」と言った。

 昨秋、北信越大会に初出場。昨夏、昨秋、今春といずれも県4強。全て敦賀気比に敗れているが、直近の春は2-4。王者を追い詰めた。

 前身は福井女子。12年の創部と同時に大八木治監督(61)が就任した。東海大甲府監督時代、春夏13回の甲子園出場を誇る名将である。

「大八木監督は相手校を丸裸にするデータ野球に定評がある。今年4月に東海大甲府時代の教え子で元阪神の久慈照嘉氏が外部コーチに就任。勝てる野球プラス、プロの技術が叩き込まれている。王者の敦賀気比も啓新には毎回苦戦している。春の県準決勝でセンバツ後に初めてエースの平沼を先発させていることでも、難敵と認めているのが分かる」(前出の関係者)

 名将と元プロが指導する元女子校が、王者の春夏連覇の夢を阻止する可能性は十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る