• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福井予選盤石のはずが…センバツ王者・敦賀気比に難敵出現

 福井県はセンバツ王者の敦賀気比が投打ともに盤石。バリバリの大本命だが、春の甲子園の全国制覇経験がある関係者によると、「目標を達成してしまうと燃え尽き症候群のようになってしまい、その後チーム力は落ちる。そこから夏の予選までにもう一度立て直すのは、高校生では容易ではないです」と言う。福井の高校野球関係者は「創部4年目で第3シードの啓新高校が面白い」と言った。

 昨秋、北信越大会に初出場。昨夏、昨秋、今春といずれも県4強。全て敦賀気比に敗れているが、直近の春は2-4。王者を追い詰めた。

 前身は福井女子。12年の創部と同時に大八木治監督(61)が就任した。東海大甲府監督時代、春夏13回の甲子園出場を誇る名将である。

「大八木監督は相手校を丸裸にするデータ野球に定評がある。今年4月に東海大甲府時代の教え子で元阪神の久慈照嘉氏が外部コーチに就任。勝てる野球プラス、プロの技術が叩き込まれている。王者の敦賀気比も啓新には毎回苦戦している。春の県準決勝でセンバツ後に初めてエースの平沼を先発させていることでも、難敵と認めているのが分かる」(前出の関係者)

 名将と元プロが指導する元女子校が、王者の春夏連覇の夢を阻止する可能性は十分にありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る