代表争いも混戦必至 昨年ドラフトが象徴する千葉県のレベル

公開日: 更新日:

 今月10日から始まった千葉大会は参加チームが170。わずか1年で勢力図が大きく変貌するとあって、高校野球ファンの間では「千葉の代表校争いは全国の中でも熾烈」と言われる。しかし、熾烈だからといって、勝ち上がってくる高校が強いとは限らない。レベルが低いからこそ、混戦に拍車がかかることもあるからだ。

 今の千葉はまさにその状況といえる。春の選抜の出場校を見ても、過去5年で千葉勢が代表校に名を連ねたのは今春の木更津総合だけ。夏の甲子園も5年前の成田以来、ベスト4に一度も入っていない。

 千葉大会を取材するスポーツ紙記者が言う。

「千葉はここ数年、突出した強豪校がないため、高校で野球をやりたい中学生が関東周辺の野球強豪校に越境してしまう傾向があり、東京の強豪校によるスカウティングも横行しています。その結果、各校の選手層はいよいよ薄くなっている。昨年のドラフト会議で指名された全選手のうち、千葉県内の高校出身選手は楽天に3位で指名された福田将儀(習志野→中大)だけですから」

 かつては銚子商や習志野など、甲子園で優勝する強豪校がひしめき合った野球王国も、今やその面影はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る