甲子園常連校に勢力異変が…愛知県レベルダウンの裏側

公開日: 更新日:

 かつて愛知県の甲子園常連校といえば、中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄のいわゆる「私学4強」。甲子園を目指す県内の有力中学生が4校に集中していたこともあって、愛知の高校野球は比較的高いレベルを保っていた。

 ところが、最近は至学館、愛知啓成、豊川などの新興勢力が実力のある中学生を「青田買い」、選手が分散する傾向にある。この結果、愛知は群雄割拠の時代に突入しているという。

「私学4強のうち、いまもコンスタントにいい選手を入学させているのは中京大中京と名電。それでも以前と比べたら、実力ある中学生は県内各地の高校に散らばるようになりましたね」と、パのあるスカウトは話す。

 私学4強のひとつである東邦には、昨夏の甲子園で1年生エースとして活躍し、プロも注目する右腕・藤嶋健人がいるものの、「総合力は中京大中京や名電より劣る。東邦は全国制覇の経験もある阪口監督(現大垣日大監督)が退任して以降、選手集めも苦戦していると聞いています」とは前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る