甲子園常連校に勢力異変が…愛知県レベルダウンの裏側

公開日:  更新日:

 かつて愛知県の甲子園常連校といえば、中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄のいわゆる「私学4強」。甲子園を目指す県内の有力中学生が4校に集中していたこともあって、愛知の高校野球は比較的高いレベルを保っていた。

 ところが、最近は至学館、愛知啓成、豊川などの新興勢力が実力のある中学生を「青田買い」、選手が分散する傾向にある。この結果、愛知は群雄割拠の時代に突入しているという。

「私学4強のうち、いまもコンスタントにいい選手を入学させているのは中京大中京と名電。それでも以前と比べたら、実力ある中学生は県内各地の高校に散らばるようになりましたね」と、パのあるスカウトは話す。

 私学4強のひとつである東邦には、昨夏の甲子園で1年生エースとして活躍し、プロも注目する右腕・藤嶋健人がいるものの、「総合力は中京大中京や名電より劣る。東邦は全国制覇の経験もある阪口監督(現大垣日大監督)が退任して以降、選手集めも苦戦していると聞いています」とは前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る