甲子園出場も結果さっぱり…中国、四国勢のなぜ凋落?

公開日:  更新日:

 最近、甲子園に来てもさっぱりなのが中国、四国勢だ。今春のセンバツ、昨年の春夏の計3回の甲子園大会に計19校が出場。そのうち初戦を突破したのは、3分の1以下の6校しかない。その6校の中で2回勝ったのは、昨春センバツの明徳義塾(高知)1校(3戦目の準々決勝敗退)。残りの5校はすべて2戦目で姿を消している。

 中国、四国はかつて野球どころといわれた。しかし、甲子園では結果を残せなくなっているのが現状だ。

「特に四国はボーイズやリトルなど中学生の硬式チームが少ない。そこへいくと中国地方は硬式チームが豊富ですけど、力のある選手の多くは近畿圏の高校に引っ張られてしまいますから」と、四国のある強豪校の監督がこう続ける。

「ウチは中学の軟式野球部でエース兼4番だった連中が中心ですけど、入学後、選手を鍛える期間は正味2年と数カ月。その間に硬式に慣れ、ある程度のレベルにもっていくのは至難の業です。投手はさほどハンディにならなくても、野手に関して言えば、中学時代から硬式でプレーしていた選手との差は歴然としています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る