• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

春8強の静岡高に難敵 初戦は超高校級右腕擁する日大三島

 静岡は、今年のセンバツ準々決勝で、優勝した敦賀気比にサヨナラ負けした静岡高が頭2つ抜けている。

 2年生エースの村木は制球力が増し、左腕村松もスライダーに磨きがかかり投手力はセンバツ以上。この2本柱と自慢の強力打線はライバル校にとって脅威だ。

 ちなみに静高と19日の初戦に当たる日大三島には、ドラフト候補の小沢怜史がいる。1回戦の浜松開誠館戦にはプロスカウト約30人が集結。自己最速タイの148キロの速球を披露し、9奪三振2失点で完投した。

 超高校級右腕を擁し平成元年以来の優勝を目指す日大三島は、早くから静高打線を徹底分析。小沢もデータとにらめっこして、「事実上の決勝戦」ともいわれる2回戦突破を狙っている。静高はこのプロ注目右腕を打ち崩して甲子園に行くようなら、上位進出濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る