春8強の静岡高に難敵 初戦は超高校級右腕擁する日大三島

公開日: 更新日:

 静岡は、今年のセンバツ準々決勝で、優勝した敦賀気比にサヨナラ負けした静岡高が頭2つ抜けている。

 2年生エースの村木は制球力が増し、左腕村松もスライダーに磨きがかかり投手力はセンバツ以上。この2本柱と自慢の強力打線はライバル校にとって脅威だ。

 ちなみに静高と19日の初戦に当たる日大三島には、ドラフト候補の小沢怜史がいる。1回戦の浜松開誠館戦にはプロスカウト約30人が集結。自己最速タイの148キロの速球を披露し、9奪三振2失点で完投した。

 超高校級右腕を擁し平成元年以来の優勝を目指す日大三島は、早くから静高打線を徹底分析。小沢もデータとにらめっこして、「事実上の決勝戦」ともいわれる2回戦突破を狙っている。静高はこのプロ注目右腕を打ち崩して甲子園に行くようなら、上位進出濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  11. 10

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

もっと見る