今治西大野監督語る早実戦の抱負 「粘り強さ見てもらう好機」

公開日:  更新日:

 早実(西東京)と対戦する今治西(愛媛)の大野康哉監督(43)は6日の練習後、「前回(12年)は松井くん(桐光、現楽天)、今回は清宮くんと、大物ばかり引く」と苦笑い。「みんな早実を見に来ているので、球場全体がそっち寄りの雰囲気になる。選手にはあまり雰囲気を読まないように言っています」と話した。日刊ゲンダイはそんな大野監督を直撃した。

――始球式もOBの王貞治さんが務めるなど「主役は早実」と言わんばかり。敵役になってしまう心配はありますか?

「そうですねえ。でも、ウチの選手はなかなかたくましいですよ。私が(選手に平手打ちをして)謹慎でベンチに入れなかった時期も乗り越えてきていますからね。確かに(早実が)今大会で最も、いろいろな意味でも注目を受けるチームなのは間違いない。(笑顔で)ただ、言い換えればウチの野球も多くの方々に見てもらえる。粘り強くしぶとい野球を見てもらうチャンスですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る