早実・清宮はすでに“丸裸” プロも驚く強豪校の「情報収集力」

公開日:  更新日:

「それまで一面識もないんですよ。なのに突然、電話をかけてきて……。あれには驚きましたね」

 中国地方のある高校野球部監督が苦笑いを浮かべて振り返る。この学校が夏の甲子園に初出場した数年前、こんなことがあったというのである。

「大阪入りしてすぐのことです。同じく甲子園出場を決めた強豪校の監督から、『今から宿舎を訪ねてもいいか?』と連絡がきた。会うと、世間話もそこそこに、『○○高校の監督はどういう性格? 4番の△△は? エースの□□は?』と質問攻めに。その強豪校の初戦の相手がたまたまうちの学校の隣県の代表校だったんです。メモを片手に、『どんな些細なことでもいいんです』と食い下がる姿を目の当たりにして、強豪校の監督はここまでするのかと、ちょっと恐怖すら感じた。その監督は今回の甲子園にも出てきていますが、きっとまた同じことをやってるんでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る