日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実の評価は未知数も…清宮が甲子園で“神風”呼ぶ理由

「(8点取った)八回の応援は本当にすごかった。球場中が早実を応援していて(東海大菅生のエース)勝俣君の投球がボールになるだけで、まるで地鳴りのようだった。(高野連に)長くいるけど予選では初めての体験。今年は夏の高校野球100周年。まだまだ清宮君に盛り上げてもらいたいですね」

 26日の西東京大会決勝は、早実が東海大菅生を8-6で下し、5年ぶりの夏の甲子園(8月6日開幕)出場を決めた。早実ナインが閉会式で金メダルを授与される姿を見ながら、東京都高野連関係者が漏らしたのが冒頭のコメントである。

 この日、晴天の神宮球場は異様な熱気に包まれた。主役は早実のスーパー1年生・清宮幸太郎(16)。観衆は東京大会史上最多の2万8000人。内野席と外野席の間の第2内野席が開放され、外野席もほぼ埋まった。報道陣はこれまでで最多の39社238人に上った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事