• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

SWのパット練習は芯で捉える技術を磨く

「パッティングは芯でボールを捉えることで、転がりが良くなります」

 先週のリコー全英女子オープンで解説を務めていた樋口久子が何度も言っていたが、ショットだけでなく、パットも芯で捉えた方が良い結果を得られる。芯で捉えた方がエネルギーロスが少ないし、フェースの向きもブレない。芯で捉えることができると、距離感だけでなく方向性も良くなるのだ。

 では、どうすれば我々アマチュアも芯で捉える技術を磨けるのか? ディオ・スポーツの永井延宏プロはこうアドバイスする。

「芯で打つコツは、芯で打とうと思うことよりもヘッドの軌道を安定させることです。軌道が安定すればインパクトでヘッドが構えた位置に戻ってくれるからです」

 急がば回れではないが、確かに構えた位置にヘッドが戻れば芯で捉えることがたやすくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る