マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

SWのパット練習は芯で捉える技術を磨く

公開日: 更新日:

「パッティングは芯でボールを捉えることで、転がりが良くなります」

 先週のリコー全英女子オープンで解説を務めていた樋口久子が何度も言っていたが、ショットだけでなく、パットも芯で捉えた方が良い結果を得られる。芯で捉えた方がエネルギーロスが少ないし、フェースの向きもブレない。芯で捉えることができると、距離感だけでなく方向性も良くなるのだ。

 では、どうすれば我々アマチュアも芯で捉える技術を磨けるのか? ディオ・スポーツの永井延宏プロはこうアドバイスする。

「芯で打つコツは、芯で打とうと思うことよりもヘッドの軌道を安定させることです。軌道が安定すればインパクトでヘッドが構えた位置に戻ってくれるからです」

 急がば回れではないが、確かに構えた位置にヘッドが戻れば芯で捉えることがたやすくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る