マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ゴルフスイングは高度に分析できる時代に突入

公開日: 更新日:

 今年の全英オープンは27年ぶりに、最終日が月曜日へと持ち越された。

 最終ラウンドではザック・ジョンソン、マーク・リーシュマンとルイ・ウェストヘーゼンの3選手が、72ホールを終えた時点で15アンダー。4ホールで争われるプレーオフでは、出だしの2ホールでバーディーを奪ったジョンソンが競り勝ち、2007年マスターズ以来となるメジャー2勝目を挙げた。

 ボクはテレビ観戦していたが、欧米ツアーの選手を見ていると、どの選手もガンガン飛ばしてくるが、力任せにスイングしているわけではない。

 体の使い方、そしてクラブの動かし方が合理的で、実に理にかなっている。

 では、どこに着目して練習すれば、彼らのように効率の良いスイングを身につけられるのか?

 まずは客観的にスイングを分析することが大事だが、ここにきてゴルフ界にも画期的な装置が導入されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る