日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ゴルフスイングは高度に分析できる時代に突入

 今年の全英オープンは27年ぶりに、最終日が月曜日へと持ち越された。

 最終ラウンドではザック・ジョンソン、マーク・リーシュマンとルイ・ウェストヘーゼンの3選手が、72ホールを終えた時点で15アンダー。4ホールで争われるプレーオフでは、出だしの2ホールでバーディーを奪ったジョンソンが競り勝ち、2007年マスターズ以来となるメジャー2勝目を挙げた。

 ボクはテレビ観戦していたが、欧米ツアーの選手を見ていると、どの選手もガンガン飛ばしてくるが、力任せにスイングしているわけではない。

 体の使い方、そしてクラブの動かし方が合理的で、実に理にかなっている。

 では、どこに着目して練習すれば、彼らのように効率の良いスイングを身につけられるのか?

 まずは客観的にスイングを分析することが大事だが、ここにきてゴルフ界にも画期的な装置が導入されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事