日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

パット下手はフェースの向きとボール位置を徹底チェック

 クラブが進化してドライバーの飛距離が伸びても、肝心のパットが入ってくれないとスコアは良くならない。ショットを生かすも殺すもパット次第で、特にショートパットを確実に決めることがスコアアップにつながる。

 今週、ゴルフの聖地セントアンドルーズで全英オープンが開催されているが、優勝争いを演じている選手たちは2メートル以内のパットはまず外さない。

 さて、このショートパット。カップインの確率を高めるには、アドレス時のキャリブレーション(精度アップ)が重要だ。

 パッティングに特化したレッスンスタジオを主宰する大本研太郎プロは、こう説明する。

「アマチュアの大半はアドレスで真っすぐ構えているつもりです。しかし実際に計測してみると、フェースが右を向いていたり、左を向いている人が少なからずいます。このフェース向きの狂いの自覚がないと、ボールを真っすぐ転がしづらくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事