マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

1秒1000コマ撮影 超高速度カメラを使うレッスン時代が到来する

公開日:  更新日:

 先週の米ツアー、バークレイズ選手権は、全米プロを制したJ・デイが19アンダーまでスコアを伸ばして今季4勝目を手に入れた。

 デイはこの勝利で、J・スピースを抜いてフェデックスランキングのトップに浮上している。

 米ツアーを見ていると、ドライバーは飛ぶだけでなく方向性も安定している。デイもそうだが、彼らが手にするドライバーはアマチュアと同じく460㏄の大型ドライバー。今どきのやさしいクラブをうまく使いこなしているのだ。

 米ツアーの選手たちが飛んで曲がらないのは、スイングが良いこともあるが、実はもうひとつ大きな理由がある。

 ここ数年、トーナメント会場にはトラックマンを含め、さまざまな弾道解析装置や高速度カメラが設置されている。これらにより、どこでボールを捉えると飛距離が伸び、どんなふうにスイングすると球筋をコントロールできるのかが、一目で分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る