マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アイアンが飛ばない人は両手を極端に離してクラブを持って素振りするといい

公開日:  更新日:

 ドライバーは人並みの飛距離が出るのに、アイアンを手にすると、飛距離がガクッと落ちてしまう。芯を食った感じの時でも、7番で150ヤードに全然届かない……。

 アイアンは飛ばすクラブではないが、番手なりの距離が出ない場合、スイングに大きな問題がある。アイアンが飛ばない人は、ドライバーだけでなくアイアンもすくい打ち(アッパー軌道)になっている。アイアンをすくい打ちすると、インパクトでロフトが増える。7番を9番のロフトにしてしまうから、番手通りに飛ばせなくなるのだ。

 では、どうすればアイアンでのすくい打ちを矯正できるのか?

 いくつか練習法があるが、お勧めしたいのは両手を極端に離した状態をつくっての素振り。左手はいつもの位置、右手はシャフトの真ん中ぐらいを握る。そしてこの状態でヘッドをひざの高さぐらいに浮かせたら、ゆっくりとシャドースイングしてみてほしい。テークバックでは右ひじをたたみ、ダウンからインパクトにかけてはたたんだ右ひじを徐々に伸ばしてみてほしい。そして、ダウンスイングでは曲げた右ひじを伸ばす時、右腕を上から下に振り下ろすことを意識する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る