マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アイアンが飛ばない人は両手を極端に離してクラブを持って素振りするといい

公開日: 更新日:

 ドライバーは人並みの飛距離が出るのに、アイアンを手にすると、飛距離がガクッと落ちてしまう。芯を食った感じの時でも、7番で150ヤードに全然届かない……。

 アイアンは飛ばすクラブではないが、番手なりの距離が出ない場合、スイングに大きな問題がある。アイアンが飛ばない人は、ドライバーだけでなくアイアンもすくい打ち(アッパー軌道)になっている。アイアンをすくい打ちすると、インパクトでロフトが増える。7番を9番のロフトにしてしまうから、番手通りに飛ばせなくなるのだ。

 では、どうすればアイアンでのすくい打ちを矯正できるのか?

 いくつか練習法があるが、お勧めしたいのは両手を極端に離した状態をつくっての素振り。左手はいつもの位置、右手はシャフトの真ん中ぐらいを握る。そしてこの状態でヘッドをひざの高さぐらいに浮かせたら、ゆっくりとシャドースイングしてみてほしい。テークバックでは右ひじをたたみ、ダウンからインパクトにかけてはたたんだ右ひじを徐々に伸ばしてみてほしい。そして、ダウンスイングでは曲げた右ひじを伸ばす時、右腕を上から下に振り下ろすことを意識する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る