マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アイアンが飛ばない人は両手を極端に離してクラブを持って素振りするといい

公開日:  更新日:

 ドライバーは人並みの飛距離が出るのに、アイアンを手にすると、飛距離がガクッと落ちてしまう。芯を食った感じの時でも、7番で150ヤードに全然届かない……。

 アイアンは飛ばすクラブではないが、番手なりの距離が出ない場合、スイングに大きな問題がある。アイアンが飛ばない人は、ドライバーだけでなくアイアンもすくい打ち(アッパー軌道)になっている。アイアンをすくい打ちすると、インパクトでロフトが増える。7番を9番のロフトにしてしまうから、番手通りに飛ばせなくなるのだ。

 では、どうすればアイアンでのすくい打ちを矯正できるのか?

 いくつか練習法があるが、お勧めしたいのは両手を極端に離した状態をつくっての素振り。左手はいつもの位置、右手はシャフトの真ん中ぐらいを握る。そしてこの状態でヘッドをひざの高さぐらいに浮かせたら、ゆっくりとシャドースイングしてみてほしい。テークバックでは右ひじをたたみ、ダウンからインパクトにかけてはたたんだ右ひじを徐々に伸ばしてみてほしい。そして、ダウンスイングでは曲げた右ひじを伸ばす時、右腕を上から下に振り下ろすことを意識する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る