マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

初心者はゴルフボールより大きなスポンジボールでの練習がオススメ

公開日:  更新日:

 ゴルフとテニス。プレーの方法、打ち方は異なるが、どちらも道具を使ってボールを打つという点で同じである。

 では、どちらが初心者にやさしいかと問われれば、テニス経験者だけでなく、ゴルフ経験者もテニスと答えるだろう。ラケットの方が長さが短く、打球面が大きい。加えて、ボールもテニスの方が大きい。直感的にテニスの方が空振りしにくいからだ。対して、ゴルフクラブはラケットよりも長く、打球面が小さい。ボールも小さいので当てるのが難しい。実際、初めてゴルフクラブを握った人は、最初は空振りに悩まされる。そして、「ゴルフは覚えるのが難しい」と位置づけされる。

 では、どうすればゴルフのハードルを下げることができるのか?

 ヒントはテニスにある。クラブを大きくするのは手間がかかるが、ボールを大きくするのは簡単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る