マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

初心者はゴルフボールより大きなスポンジボールでの練習がオススメ

公開日: 更新日:

 ゴルフテニス。プレーの方法、打ち方は異なるが、どちらも道具を使ってボールを打つという点で同じである。

 では、どちらが初心者にやさしいかと問われれば、テニス経験者だけでなく、ゴルフ経験者もテニスと答えるだろう。ラケットの方が長さが短く、打球面が大きい。加えて、ボールもテニスの方が大きい。直感的にテニスの方が空振りしにくいからだ。対して、ゴルフクラブはラケットよりも長く、打球面が小さい。ボールも小さいので当てるのが難しい。実際、初めてゴルフクラブを握った人は、最初は空振りに悩まされる。そして、「ゴルフは覚えるのが難しい」と位置づけされる。

 では、どうすればゴルフのハードルを下げることができるのか?

 ヒントはテニスにある。クラブを大きくするのは手間がかかるが、ボールを大きくするのは簡単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る