マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

FWの苦手意識を克服するにはドライバーの直打ちが役に立つ

公開日: 更新日:

 練習場でボールを打つのと、コースに出た時では、どちらの方がミスが出やすいのか?

 こう聞かれれば大抵のアマチュアゴルファーは「コース」だと即答するだろう。コースに出たら、練習場のように同じ場所から何度も打てない。どんなショットも打ち直せないから、いや応なしにプレッシャーがかかるからだ。しかしながら、練習場でもボールの打ち方を工夫すれば、コースに出た時、ミスを確実に減らすことができる。

 例えば、フェアウエーウッド(FW)を苦手にしているならば、練習場で試して欲しいのがドライバーの直打ちだ。

 やり方は簡単、マットの上にボールを置いたら、それをドライバーで打つだけ。通常、ドライバーはティーアップしたボールを打つクラブだが、それをティーアップしないで打ってみて欲しい。

 ドライバーはFWよりもロフトが少ないし、フェースも分厚い。正しく打ってもボールが上がりづらいわけだから、ナイスショットが出る確率はかなり低くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

もっと見る