10K快投のヤンキース田中 ポストシーズン“戦力外”の可能性

公開日:  更新日:

 今季12勝目をかけて8日(日本時間9日)のオリオールズ戦に登板したヤンキース・田中将大(26)。8回を6安打1失点、今季初の2ケタ三振(10)を奪う好投ながら、勝敗は付かなかった。

 テンポのいい投球で、四回までは一人の走者も許さない。六回、先頭の9番フラハティに甘く入った直球をライナーで右翼スタンドに叩き込まれ、今季22本目の被弾で先制を許した。八回を投げ終えて降板。2番手シュリーブが勝ち越しの一発を浴び、チームの連勝は2で止まった。

 ヤンキースは前日、ア・リーグ東地区首位のブルージェイズに0.5ゲーム差と迫ったが、再び1.5ゲーム差に引き離された。

 ヤンキースはここにきて、勝ち頭(14勝3敗)である右腕のイオバルディ(25)が右肘の炎症で故障者リスト(DL)入り。これでヤンキースのローテーションは田中を含めて5人で回すことになり、レギュラーシーズン終了まで中4日の登板が続く見込み。この試合を含めて今季の田中の登板予定はあと5試合。今季1試合平均7回を投げており、このペースで行けば163イニングに達する計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る