10K快投のヤンキース田中 ポストシーズン“戦力外”の可能性

公開日: 更新日:

 今季12勝目をかけて8日(日本時間9日)のオリオールズ戦に登板したヤンキース・田中将大(26)。8回を6安打1失点、今季初の2ケタ三振(10)を奪う好投ながら、勝敗は付かなかった。

 テンポのいい投球で、四回までは一人の走者も許さない。六回、先頭の9番フラハティに甘く入った直球をライナーで右翼スタンドに叩き込まれ、今季22本目の被弾で先制を許した。八回を投げ終えて降板。2番手シュリーブが勝ち越しの一発を浴び、チームの連勝は2で止まった。

 ヤンキースは前日、ア・リーグ東地区首位のブルージェイズに0.5ゲーム差と迫ったが、再び1.5ゲーム差に引き離された。

 ヤンキースはここにきて、勝ち頭(14勝3敗)である右腕のイオバルディ(25)が右肘の炎症で故障者リスト(DL)入り。これでヤンキースのローテーションは田中を含めて5人で回すことになり、レギュラーシーズン終了まで中4日の登板が続く見込み。この試合を含めて今季の田中の登板予定はあと5試合。今季1試合平均7回を投げており、このペースで行けば163イニングに達する計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る