10K快投のヤンキース田中 ポストシーズン“戦力外”の可能性

公開日:  更新日:

 今季12勝目をかけて8日(日本時間9日)のオリオールズ戦に登板したヤンキース・田中将大(26)。8回を6安打1失点、今季初の2ケタ三振(10)を奪う好投ながら、勝敗は付かなかった。

 テンポのいい投球で、四回までは一人の走者も許さない。六回、先頭の9番フラハティに甘く入った直球をライナーで右翼スタンドに叩き込まれ、今季22本目の被弾で先制を許した。八回を投げ終えて降板。2番手シュリーブが勝ち越しの一発を浴び、チームの連勝は2で止まった。

 ヤンキースは前日、ア・リーグ東地区首位のブルージェイズに0.5ゲーム差と迫ったが、再び1.5ゲーム差に引き離された。

 ヤンキースはここにきて、勝ち頭(14勝3敗)である右腕のイオバルディ(25)が右肘の炎症で故障者リスト(DL)入り。これでヤンキースのローテーションは田中を含めて5人で回すことになり、レギュラーシーズン終了まで中4日の登板が続く見込み。この試合を含めて今季の田中の登板予定はあと5試合。今季1試合平均7回を投げており、このペースで行けば163イニングに達する計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る