• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米紙も「問題になるかも」と指摘 マー君“一発病”の深刻度

投稿日:  更新日:

「最後の2本のホームランで台無しにしてしまった」

 試合をこう振り返った本人も、実は深刻な問題ととらえているのではないか。

 23日(日本時間24日)のオリオールズ戦で7回と3分の2を3失点に抑えて7勝目(3敗)を挙げたヤンキースの田中将大(26)。8点リードの八回、速球の制球ミスで2本のソロ本塁打を浴びたことに関して、まるで敗戦投手のようなコメントだ。この日の3失点はいずれも本塁打によるものだっただけに、周囲にも本人にも一発病が印象として残った。

 田中はここまで13試合で15本もの本塁打を打たれている。9回で1.65の被本塁打は、ヒューズ(ツインズ)の1.67に次いでア・リーグで下から2番目に悪い数字。昨季は136回3分の1で15本塁打だったのが、今季は81回3分の2でその数字に達している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る