ヤンキース田中11勝目も精彩欠く シーズン終盤への課題露呈

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(26)が2日(日本時間3日)のレッドソックス戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む6安打4失点で11勝目(6敗)をマークした。

 今季3度目の中4日でのマウンドは三回までに大量11点の援護を受けながら精彩を欠いた。前日の会見でジラルディ監督は「ツーシームとスプリットがどれだけ安定するか。この2つの球種のコントロールが安定していればタナカは打たれない」と決め球の制球力を課題に挙げていた。

 だが、しかし、指揮官の期待とは裏腹に田中の武器であるツーシームとスプリットが甘く入る場面も目立った。一回2死二塁から4番オルティスにツーシームを捉えられ、先制の適時二塁打。六回には先頭のボガーツに甘く入ったスプリットを左翼スタンドに運ばれ、今季21本目の被弾である。

 すでに試合は決していたとはいえ、指揮官はエース右腕のピリッとしない内容に不満だったのだろう。七回1死から8番スワイハートをカウント1-2と追い込みながら、ファウルで粘られた末、歩かせたところでベンチから飛び出した。田中から奪い取るようにボールを受け取ると交代を告げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る