• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤンキース田中11勝目も精彩欠く シーズン終盤への課題露呈

 ヤンキース・田中将大(26)が2日(日本時間3日)のレッドソックス戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む6安打4失点で11勝目(6敗)をマークした。

 今季3度目の中4日でのマウンドは三回までに大量11点の援護を受けながら精彩を欠いた。前日の会見でジラルディ監督は「ツーシームとスプリットがどれだけ安定するか。この2つの球種のコントロールが安定していればタナカは打たれない」と決め球の制球力を課題に挙げていた。

 だが、しかし、指揮官の期待とは裏腹に田中の武器であるツーシームとスプリットが甘く入る場面も目立った。一回2死二塁から4番オルティスにツーシームを捉えられ、先制の適時二塁打。六回には先頭のボガーツに甘く入ったスプリットを左翼スタンドに運ばれ、今季21本目の被弾である。

 すでに試合は決していたとはいえ、指揮官はエース右腕のピリッとしない内容に不満だったのだろう。七回1死から8番スワイハートをカウント1-2と追い込みながら、ファウルで粘られた末、歩かせたところでベンチから飛び出した。田中から奪い取るようにボールを受け取ると交代を告げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る