ヤンキース田中11勝目も精彩欠く シーズン終盤への課題露呈

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(26)が2日(日本時間3日)のレッドソックス戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む6安打4失点で11勝目(6敗)をマークした。

 今季3度目の中4日でのマウンドは三回までに大量11点の援護を受けながら精彩を欠いた。前日の会見でジラルディ監督は「ツーシームとスプリットがどれだけ安定するか。この2つの球種のコントロールが安定していればタナカは打たれない」と決め球の制球力を課題に挙げていた。

 だが、しかし、指揮官の期待とは裏腹に田中の武器であるツーシームとスプリットが甘く入る場面も目立った。一回2死二塁から4番オルティスにツーシームを捉えられ、先制の適時二塁打。六回には先頭のボガーツに甘く入ったスプリットを左翼スタンドに運ばれ、今季21本目の被弾である。

 すでに試合は決していたとはいえ、指揮官はエース右腕のピリッとしない内容に不満だったのだろう。七回1死から8番スワイハートをカウント1-2と追い込みながら、ファウルで粘られた末、歩かせたところでベンチから飛び出した。田中から奪い取るようにボールを受け取ると交代を告げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る