8勝目マー君脅かす ヤンキース若手有望右腕ついにデビュー

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(26)が4日のレッドソックス戦に登板。6回3分の0を1本塁打含む5安打3失点で8勝目(4敗)を挙げた。

 2点リードの七回に5番サンドバルに一発を浴び、今季16被本塁打で早くも昨季を上回った。打線の援護にも恵まれて白星を手にしたが、終盤戦に向けて不安を残した。

 チームは現在、2位のオリオールズ、3位ブルージェイズとは5.5ゲーム差のア・リーグ東地区首位(3日終了時)。積極的に補強したライバル2球団とは対照的にヤンキースは控え野手を獲得しただけ。ここにきて前半戦に投手陣を牽引したピネダ(9勝7敗、防御率3.97)が右上腕の張りを訴えて離脱。ヤンキースの3年ぶりのポストシーズン進出は田中の働きによるところが大きいが、依然として昨季痛めた右肘に不安を抱えているだけに心もとない。

■“ペドロ・マルティネス2世”と呼ばれる逸材

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    政財界の大物たちが役員を務める「受け入れ団体」の怪しさ

もっと見る