8勝目マー君脅かす ヤンキース若手有望右腕ついにデビュー

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(26)が4日のレッドソックス戦に登板。6回3分の0を1本塁打含む5安打3失点で8勝目(4敗)を挙げた。

 2点リードの七回に5番サンドバルに一発を浴び、今季16被本塁打で早くも昨季を上回った。打線の援護にも恵まれて白星を手にしたが、終盤戦に向けて不安を残した。

 チームは現在、2位のオリオールズ、3位ブルージェイズとは5.5ゲーム差のア・リーグ東地区首位(3日終了時)。積極的に補強したライバル2球団とは対照的にヤンキースは控え野手を獲得しただけ。ここにきて前半戦に投手陣を牽引したピネダ(9勝7敗、防御率3.97)が右上腕の張りを訴えて離脱。ヤンキースの3年ぶりのポストシーズン進出は田中の働きによるところが大きいが、依然として昨季痛めた右肘に不安を抱えているだけに心もとない。

■“ペドロ・マルティネス2世”と呼ばれる逸材

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る