「緩急より強弱で」 権藤博氏がマー君の“一発病”克服に処方箋

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

 ヤンキースの田中将大(26)が「一発病」に苦しんでいる。

 5敗目(8勝)を喫した日本時間10日のブルージェイズ戦でも、2発を浴びた。今季は16試合で18被弾。確かに多い。昨年は20試合で被本塁打は「15」だった。

 ブルージェイズ戦で打たれた2発がそうだったように、速球系の球をスタンドに運ばれるケースが多い。本人は「こっち(米国)ではボクのような真っすぐは並。といって、(速球を)まったく投げるなっていうのも無理な話」と苦しい胸の内をのぞかせているが、そこまで卑屈になることはあるまい。

 150キロを超える田中のストレートは米国でも決して見劣りするものではない。ただ、きれい過ぎる。素直なフォームから素直な真っすぐを投げるから、どうしても打者とのタイミングが合ってしまいやすい。これは楽天時代からそうだった。いい球なのに打者にファウルされ、当時の監督だったノムさんは「田中は変化球投手。直球で空振りが取れない。本格派とは言えんやろ」と私にボヤいたものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る