日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賞金王5度、実力ピカイチなのに…片山晋呉はなぜ不人気?

【トップ杯 東海クラシック】

 6人しかいない永久シード選手のひとり、ツアー28勝の片山晋呉(42)が65で回り単独トップに立った。

「みんな(会場を)嫌だって言うんですけど僕は好きだなぁ。(コースが)難しいじゃないですか。それがいい」

 イン発進の初日は折り返しての7番パー5で、残り111ヤードの3打目が直接カップインというツキもあった。

 しかし、「晋呉じゃ、客を呼べないんだよねぇ」と関係者が頭を抱える。実力はピカイチだが、いまひとつ人気がないのだ。

 片山が初めて賞金王タイトルを手にしたのは2000年。ちょうど衰え始めたAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)と入れ替わるようにツアーで頭角を現してきた。過去5度も賞金王になりながら、しかし、人気はAONに遠く及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事