• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

A.スコットは出場決定 松山と遼は「日本OP」なぜ出ない?

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 オーストラリアのゴルフ競技人口が急増しているらしい。13年マスターズでアダム・スコットが優勝したり、今年はジェイソン・デイがメジャー(全米プロ)を初制覇したり、自国の選手が世界で活躍しているということももちろんあるが、彼らがときどき帰ってきて、国内の試合にも出場していることが大きな力になっているといわれている。

 A・スコットは昨年は日本オープンにも出場し、おかげで4日間のギャラリーが2万9000人を超えた。今年もスコットの日本オープン出場はすでに決まっている。しかし、日本の2枚看板ともいえる石川遼と松山英樹は「米ツアーに専念したい」と言って2年続けて欠場し、今年(10月15~18日)はどうするのかまだ分かっていない。

 かつて、出場資格のある選手が日本オープンを欠場するなんて考えもしなかったことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る