A.スコットは出場決定 松山と遼は「日本OP」なぜ出ない?

公開日:  更新日:

コラム【菅野徳雄 日本のゴルフを斬る】

 オーストラリアのゴルフ競技人口が急増しているらしい。13年マスターズでアダム・スコットが優勝したり、今年はジェイソン・デイがメジャー(全米プロ)を初制覇したり、自国の選手が世界で活躍しているということももちろんあるが、彼らがときどき帰ってきて、国内の試合にも出場していることが大きな力になっているといわれている。

 A・スコットは昨年は日本オープンにも出場し、おかげで4日間のギャラリーが2万9000人を超えた。今年もスコットの日本オープン出場はすでに決まっている。しかし、日本の2枚看板ともいえる石川遼と松山英樹は「米ツアーに専念したい」と言って2年続けて欠場し、今年(10月15~18日)はどうするのかまだ分かっていない。

 かつて、出場資格のある選手が日本オープンを欠場するなんて考えもしなかったことだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る