「心意気の低さ露呈」 男子プロの“寄付方法”に評論家が疑問符

公開日: 更新日:

「700万円近いんですか? 少しでも役に立てれば凄くうれしい。自分も楽しみながら、被災された地域の方に何か喜んでもらえるようなことをしたいです」

 先週の試合で単独2位の大山志保(38)が賞金630万円に加え、コースレコード賞30万円、ベストスコア賞30万円の計690万円全額を東日本大震災の被災地に寄付する。

 同じ週に行われた男子大会では、大会会場が水害被害に遭った地域と近かったことから、選手会長の池田勇太が出場選手に賞金の10%の寄付を呼び掛けた。とはいえ、10%なら優勝の金庚泰が300万円、石川遼は6万7500円、小田孔明は6万円にしかならず、大山の額に遠く及ばない。評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「大山が全額を寄付しただけに、男子プロの寄付がなんだかとってつけたように見えて仕方ありません。米ツアーでは、ゲーリー・プレーヤーが全米オープンで優勝して全額を寄付したことがありましたが、汗水たらして稼いだ賞金だから、心がこもっているし、価値があるのです。それが、わずか10%程度の金額でチャリティーをしたと恩着せがましくいわれても、とってつけた感がぬぐえません。男子プロの心意気の低さを露呈したようなものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  7. 7

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る