<第2回>手術明け長野の開幕起用を焦った罪

公開日: 更新日:

「やっぱり長野を(一軍に)上げるのが早かったのかなあ。あの時、止めておけば……」

 巨人の首脳陣がこう漏らした。開幕3番を務めた長野久義(30)の今季の打率は.251。これは6日現在、セ・リーグ規定打席到達者の中で下から3番目の成績である。

 昨年11月に右ヒジと右ヒザをダブル手術し、2月の春季キャンプは初の二軍。ほとんどをリハビリに費やし、慎重に調整していた3月初旬、原辰徳監督(57)がこう言った。

「少し回復が遅れていると聞いている。ぶっつけ開幕とはいかないし、二軍戦に出てからになるが、そろそろ尻を叩きたい」

 実際、周囲には「長野は開幕に間に合うのか? 間に合わせろ」と盛んにせっついたという。オープン戦のチーム打率.212は12球団中11位。本塁打は最少の3本。この頃からすでにチームは貧打にあえいでいた。元首位打者でもある長野不在の開幕は不安で仕方がなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  7. 7

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る