• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人・福田投手も手を出した「野球賭博」の巧妙な“仕組み”

 10年の大相撲野球賭博事件の際も、多くの力士が関与していた闇ギャンブル。当時は阿武松部屋の床山が仲介人となって賭け金を集めていたが、最近はやや様子が変わってきたようだ。

 ある捜査関係者は「基本的な手口は変わらないのですが……」と続ける。

「まず、胴元のヤクザと客の間に仲介人が入る。この仲介人が客から予想を受け取り、胴元に渡す。ただ、今はそのやりとりに無料チャットアプリを使うことが多い。仲介人といっても見てくれは一般人と変わらない。客からすればヤクザと付き合っているという感覚はないでしょう。さらに無料チャットアプリを使うすることで、ちょっとしたゲーム感覚に陥りやすい。ただでさえ、今はスマホのゲームで課金だ何だという時代ですからね。巧妙なやり方ですよ」

■主流は電話からスマホアプリへ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る