• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷の元凶か…巨人選手と球団が「門限破り」で“イタチごっこ”

 これも、通算12年にも及ぶ「原長期政権」の弊害のひとつだろう。

 V逸目前の巨人関係者が、「今年ほど手を焼いたというか、神経質になった年もなかったんじゃないか」と言うのが、ナインの夜遊びである。

 今季は春先から、「ナイター後は午前1時」に設定されている門限を破る選手が続出。選手とマネジャーのイタチごっこが繰り返された。

「夜中の1時半とか2時とか3時とか、中途半端な時間に帰るから門限破りがバレてしまう。いっそのこと帰らなきゃいいんですよ」

 悪びれることなくこう語るある選手によれば、遠征先ではチーム宿舎とは別のホテルを自腹で確保。あえて高級ホテルは避け、1泊5000~6000円のビジネスホテルを押さえるのがミソだという。

「まさか、そういうところに巨人の選手が泊まっているなんて誰も思わないでしょ」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る