低迷の元凶か…巨人選手と球団が「門限破り」で“イタチごっこ”

公開日:  更新日:

 これも、通算12年にも及ぶ「原長期政権」の弊害のひとつだろう。

 V逸目前の巨人関係者が、「今年ほど手を焼いたというか、神経質になった年もなかったんじゃないか」と言うのが、ナインの夜遊びである。

 今季は春先から、「ナイター後は午前1時」に設定されている門限を破る選手が続出。選手とマネジャーのイタチごっこが繰り返された。

「夜中の1時半とか2時とか3時とか、中途半端な時間に帰るから門限破りがバレてしまう。いっそのこと帰らなきゃいいんですよ」

 悪びれることなくこう語るある選手によれば、遠征先ではチーム宿舎とは別のホテルを自腹で確保。あえて高級ホテルは避け、1泊5000~6000円のビジネスホテルを押さえるのがミソだという。

「まさか、そういうところに巨人の選手が泊まっているなんて誰も思わないでしょ」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る