球団と原監督の責任問う声 巨人は「野球賭博」で最悪CS辞退

公開日:  更新日:

 巨人の福田聡志投手(32)が野球賭博行為に関与していた問題で6日、同球団の白石興二郎オーナー(69)が全体練習が行われた東京ドームを訪れ、緊急ミーティングを開いた。

 ロッカールームで原監督ら首脳陣、選手、スタッフに「巨人軍の創設者である正力松太郎は、かつて『巨人軍は紳士たれ』という訓示を残した。グラウンド上、グラウンドの外でも紳士たらなければならない重い責任を、巨人軍は背負っている。それを君たちも忘れてはいかん」と訴え、同日から一、二軍の全選手や首脳陣や球団職員などに聞き取り調査を行うことを決めた。

 すでに球団にはファンからの抗議電話やメールが殺到。ネットも当事者の2選手に対するユーザーからの痛罵、失望であふれているが、そんななか少なくないのが、球団と原監督の責任を追及する声だ。

〈本人の資質もあるが、上に立つものと球団体質に問題があると思う〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る