球団と原監督の責任問う声 巨人は「野球賭博」で最悪CS辞退

公開日: 更新日:

 巨人の福田聡志投手(32)が野球賭博行為に関与していた問題で6日、同球団の白石興二郎オーナー(69)が全体練習が行われた東京ドームを訪れ、緊急ミーティングを開いた。

 ロッカールームで原監督ら首脳陣、選手、スタッフに「巨人軍の創設者である正力松太郎は、かつて『巨人軍は紳士たれ』という訓示を残した。グラウンド上、グラウンドの外でも紳士たらなければならない重い責任を、巨人軍は背負っている。それを君たちも忘れてはいかん」と訴え、同日から一、二軍の全選手や首脳陣や球団職員などに聞き取り調査を行うことを決めた。

 すでに球団にはファンからの抗議電話やメールが殺到。ネットも当事者の2選手に対するユーザーからの痛罵、失望であふれているが、そんななか少なくないのが、球団と原監督の責任を追及する声だ。

〈本人の資質もあるが、上に立つものと球団体質に問題があると思う〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る