「最も得したのはオリ」 “流しのブルペン捕手”ドラフト採点

公開日:  更新日:

 今ドラフトで、「得した球団」はどこか――。アマ野球に詳しく、「流しのブルペンキャッチャー」と呼ばれるスポーツライターの安倍昌彦氏が語る。

 最も「得をした」といえるのは、オリックスですね。

 1位の吉田正尚は近未来の中軸候補。狙って本塁打が打て、国際大会などの大舞台でも活躍できる勝負強さがある。外野は右翼の糸井に衰えが見え、中心選手だった坂口が退団。是が非でも欲しい外野のレギュラー候補を獲得できました。

 2位の近藤大亮(投手=パナソニック)、4位の青山大紀(投手=トヨタ自動車)の両投手は、勤続疲労が心配される平野、佐藤達の後継候補になり得る。10位の杉本裕太郎(外野手=JR西日本)は私の注目株。青学大時代から足と肩は優れており、4番を打った社会人2年間でグッと伸びた。10キロほど筋力アップしてパワーを身につけ、レギュラー獲得も夢じゃないとみています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る