大揺れ巨人が“地味ドラフト”も 1位桜井の恩師は不信感露わ

公開日: 更新日:

 巨人が1位指名したのは桜井俊貴だった。最速150キロの即戦力右腕。堤GMは「単独で獲得できてよかった。即戦力として期待できる」と安堵の表情だったが、最終的に1位指名が決定したのは「きのうの夜」という。ある球団の関西地区担当スカウトが言う。

「桜井はどこの球団も、もともと2位候補の投手だった。ただ、秋のリーグ戦が好調。ドラフト前の最終登板となった先週14日の関西大戦を延長14回206球の熱投で完投勝利。巨人のほかに阪神など8球団が視察したが、巨人はスカウト部長ほか5人前後で総チェック。この試合で1位がひっくり返ったとみられます。それにしても、巨人がまさか1位にまで格上げしてくるとは。いい投手ではありますが、野球賭博問題の渦中にいるから、よっぽど今回のドラフトでは目立ちたくなかったんでしょうね」

 確かに今年の巨人のドラフトは地味である。2位は早大の外野手・重信、3位は普天間高の投手・与那原など8人。育成も含めて大量16人もの選手を指名したが、中央球界で名が通る有名選手は皆無なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る