大揺れ巨人が“地味ドラフト”も 1位桜井の恩師は不信感露わ

公開日: 更新日:

 巨人が1位指名したのは桜井俊貴だった。最速150キロの即戦力右腕。堤GMは「単独で獲得できてよかった。即戦力として期待できる」と安堵の表情だったが、最終的に1位指名が決定したのは「きのうの夜」という。ある球団の関西地区担当スカウトが言う。

「桜井はどこの球団も、もともと2位候補の投手だった。ただ、秋のリーグ戦が好調。ドラフト前の最終登板となった先週14日の関西大戦を延長14回206球の熱投で完投勝利。巨人のほかに阪神など8球団が視察したが、巨人はスカウト部長ほか5人前後で総チェック。この試合で1位がひっくり返ったとみられます。それにしても、巨人がまさか1位にまで格上げしてくるとは。いい投手ではありますが、野球賭博問題の渦中にいるから、よっぽど今回のドラフトでは目立ちたくなかったんでしょうね」

 確かに今年の巨人のドラフトは地味である。2位は早大の外野手・重信、3位は普天間高の投手・与那原など8人。育成も含めて大量16人もの選手を指名したが、中央球界で名が通る有名選手は皆無なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  7. 7

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る