オコエを1位指名も現場は? 楽天は早くも来季苦戦必至

公開日: 更新日:

 1位指名を公表していた平沢を競合したロッテにさらわれ、外れ1位でオコエの交渉権を得た楽天。2年連続最下位に沈んだ今季はチーム打率、チーム防御率ともに12球団ワーストだった。

 ドラフトでは投打の即戦力をバランスよく獲得するのかと思いきや、指名した7人中、投手は5位の石橋良太(ホンダ)だけだった。楽天の先発投手はエースの則本を除けば、「一山いくら」の選手がほとんど。最下位脱出には、一にも二にも投手力の底上げが最優先との声があったが、「それもそうなんですが……」と、さる球団関係者がこう続ける。

「実はシーズン中から、今年のドラフトは野手中心になることがフロント主導で決まっていた。というのも、楽天はここ数年、投手に比重を置いたドラフトを繰り返してきた。その結果が野手の高齢化です。37歳の後藤が遊撃と二塁を守り、40歳の松井稼が外野のレギュラーを張っているくらいですからね。彼らの代わりになる選手すらいないんです。それに比べれば投手はまだ、頭数がいるだけマシ。人気者のオコエが残っていたのは朗報ですが、現場は頭を抱えているでしょう」

 梨田新監督は「レベルを上げなきゃいけない。まあ、3年連続(最下位)はないわな」と苦笑いしたが、来季も苦しむことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る